ミネラル化粧品の特徴と成分・使用時の注意点

ミネラル化粧品

お肌が繊細な方やメイクをナチュラルに済ませたいという方にも人気が高いミネラル化粧品。ミネラルファンデーションは付けたまま眠れるほど優しいというキャッチフレーズや専用クレンジング不要で、石鹸で落とせるといった点が評判となり、一気にファンデーションの人気アイテムとして認知されました。

 

ミネラル化粧品の特徴

ミネラル化粧品に含まれるミネラルは天然の石や鉱物を使用した化粧品のことを言います。
無機物ですので、肌に対して栄養もありませんが、影響も少ないというのが特徴で、余分な添加物(界面活性剤、防腐剤、香料など)を含まず、肌が繊細な方にも使いやすい点が魅力でもあります。

 

ミネラル化粧品に含まれる成分

  • マイカ
  • シリカ
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化鉄

これらが主なミネラル化粧品の原料となります。

 

マイカ

非常に細かい粒子でパウダー化もしやすい天然岩鉱物で、肌の光沢感やキメを細かく見せる効果があると言われています。

 

シリカ

自然界に多く存在するミネラルの一つで、安全性が高いのが特徴。近年ではその美容にも役立つ働きが海外セレブなどから広がりブームにもなりました。
主に皮脂や汗を吸着するなど、メイクのカバー力とメイク持ちに関わる機能をサポートしています。

 

酸化チタン

紫外線のUV-Aを反射しUV-Bを吸収するといった働きを持つクレイ粘土に含まれている鉱石です。
光の屈折率が高いことから、肌の凹凸をカバーするといった滑らかさを演出するのに役立っています。

 

酸化亜鉛

白色で粉状の成分で収れん作用や肌の保護作用、さらには防腐作用も持ち合わせており、医薬品などにも使用される成分です。

 

紫外線散乱効果もあり、安全性が高いことから、白色の顔料として使用されてきました。

 

酸化鉄

酸化した鉄で、安全性が高いことから、着色用の無機顔料として使用されています。
ファンデーションの肌色の着色料として使用されています。

 

ミネラル化粧品なら全て肌に優しいは勘違い

ミネラル化粧品は天然の鉱物成分から作られているため、余計な添加物を含まずに肌への負担が軽く、天然で紫外線を反射する働きを持つなど、肌が繊細な方にも使いやすいですが、全てのミネラル化粧品が安心して使えるかと言われれば、それはNOです。

 

というのもミネラル化粧品はミネラル成分を全体の数パーセント使用しただけでもミネラル化粧品として販売できますし、さらには余計な添加物が含まれていないことがウリでもあるミネラル化粧品に界面活性剤やタール系色素、パラベン、酸化防止剤など、ミネラル化粧品とはまるで違う添加物が使用されている場合がありますので、ミネラル化粧品を使用したいと思った時には必ず、成分表をチェックしましょう。

 

敏感肌の方が注意したいミネラル化粧品の成分

また、ミネラル成分ではあるものの、肌質によっては肌への負担がかかる成分もあります。

 

オキシ塩化ビスマス

鉱物由来の無機顔料の一つですが、肌が繊細な方の場合、刺激や肌荒れを起こすケースがあるとされています。

 

タルク

肌を滑らかにする働きを持っており、吸着力も高いことから、ミネラル化粧品だけでなく、通常のファンデーションにも採用されていることが多いです。
ただし、肌に対して毛穴を詰まらせてしまう可能性やタルク自体の安全性が懸念されていることもあり、近年ではタルクフリーのファンデーションなども増えています。

 

ミネラル化粧品でも添加物はもちろんですが、オキシ塩化ビスマスとタルク不使用の化粧品を選ぶとより、安心して使いやすいと言えます。

 

 

天然の鉱物だからと言っても全ての肌にトラブルが起きないということではないので注意が必要です。
使用前にはしっかりとパッチテストやお試しで肌に合うかチェックしましょうね。


 

注目のミネラル化粧品!レイチェルワイン

レイチェルワイン

 

レイチェルワイン


初めての方におすすめのトライアルセット

ミネラルファンデーショントライアルセット

目的別ミネラルファンデーションメニュー

カバー力の高いミネラルファンデーション

使い勝手の良いミネラルファンデーション

カラーが選べるミネラルファンデーション

美容成分配合ミネラルファンデーション

紫外線対策ミネラルファンデーション

くすみシミケアミネラルファンデーション

芸能人愛用ミネラルファンデーション

特典付きミネラルファンデーション

ミネラルファンデーション口コミ